憧れの小顔を手に入れたいなら|専門医院でボトックス注射を受けよう

エラをスッキリさせる方法

注射

量と注射の位置がポイント

ボトックスで小顔を作る美容術は、エラの部分に筋肉の動きを弱める薬剤を注射することで、筋肉を小さくさせる方法です。注射をするだけなのでダウンタイムがほとんどなく、手軽に出来ることから大変人気の高い術式。エラ部分には咬筋という食べ物を噛む時に使う筋肉がありますが、ここが大きく発達していることで顔が大きく見える人にはピッタリの施術です。治療はわずか5分程度で済みますし、メスを使わないので心理的なハードルが低いのは魅力ですよね。ボトックス注射は、注射する位置と、注入する薬剤の量にデリケートな診断が求められる施術です。きちんと実感できる効果を得るためには、一人ひとりに合う量を注入することが大切。人は皆、筋肉の付き方も量も骨格も異なりますから、治療もマニュアル通りというわけにはいきません。特に、ものを食べる時には、無意識に左右どちらかの側しか使っていない人もいます。常に右側だけで噛んでいる人は右のエラのほうが大きく張っていることが多いので、左右を均等に美しく整えるには量を変える必要があります。目的は小顔になるだけでなく、美しいフェイスラインを得ることですから、症例数が多く実績のある担当医師に治療してもらうのが一番ですね。また、ボトックス注射は前述の通り、筋肉を小さくすることで小顔効果を得る施術です。もし、顔が大きく見えている原因がエラの筋肉ではなく脂肪であったり、骨格そのものの大きさであったりする場合は、異なる治療が必要。もちろん、事前のカウンセリングで担当医師が診断すれば、どのような治療が最適かは判断してもらえますので、まずは診てもらうことが大切。場合によっては脂肪溶解注射を行ったほうが効果的な場合もありますし、メスを入れて骨にアプローチしたほうが良い場合もあります。いずれにしても、信頼のおけるクリニックで技術の高い担当医師の治療を受けることが出来れば、大きく小顔効果を得ることも可能です。打ってすぐに筋肉が落ちるようなものではありませんので、実感が得られるのは1か月程度経ってからですが、確実に変化は見られるでしょう。また、ボトックスは半永久的に効果が持続するものではありませんので、注射は定期的に受ける必要があります。満足してそれきりクリニックに行かなければ、徐々に元の状態に戻って行きますので、それは予め認識しておきましょう。個人差もありますが、最初は3〜4か月ごとに4〜5回注射を行えば、効率的に小顔効果が得られるでしょう。状態が安定すれば、あとは1年に1回程度でもよくなる場合も多いです。

Go to Top